-About-夢ソフトウェア工房とは

夢ソフトウェア工房は、2006年4月にソフトウェア開発を主たる業務として行うブランドとして設立しました。
しかし、2008年に起きたリーマンショックの影響でソフトウェア開発の仕事が出来なくなってしまいました。
その後、趣味であった鉄道模型にてビジネスをするきっかけがあり、2014年に鉄道模型ディーラーとして再出発しました。
そして、現在に至ります。

主な発売商品

2014年
道路用信号機用基板(LED/基本配線アセンブリ済み)
2015年
キロ65 1/1001「ゆぅトピア和倉」用ロゴデカール(デカール第1号商品)
ブルトレ用ベッドカーテン(JR西日本車)
2016年
1/80 マニ50用の各種デカール(日本海・八甲田・NIOE)
2017年
商品・パッケージのデザインソフトをAdobe Illustratorに移行
285系用カーテン・ロールスクリーンセット
2018年
夢空間車両用パーツ(オハフ25 901ステンドグラス/カーテンセット)
寝台急行用カーテン・ロールスクリーンセット(はまなす・能登等)
2019年
北海道方面寝台特急用のカーテン・ロールスクリーンセット(トワイライトエクスプレス・北斗星)
2000系気動車用カーテンセット
2020年
35系4000番台(新SLやまぐち号)用カーテン・鎧戸セット
九州ブルトレ・北陸・あけぼのに連結されていた改造車用のカーテン・ロールスクリーンセット
2021年
キハ85系気動車用カーテンセット
キハ185系気動車用カーテンセット
キハ100/110系気動車用カーテン・ロールスクリーンセット
485/489系電車[金沢車]用カーテンセット
2022年(予定)
20系寝台客車用カーテン・ロールスクリーンセット

商品パンフレット(一部)

商品リスト (PDF)

お問い合わせフォーム